スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

雨樋(雨どい)について

雨樋(雨どい)を放置すると歪みや変形、ヒビ割れ、破損につながります

雨樋は新築の状態から年数が経つと自然環境、立地状態で左右されますが耐用年数
(寿命が)約20年〜25年です。20年以上経ちますと変形やヒビ割れ、破損につながります。ヒビ割れや破損につながると余計な費用がかかり外壁塗装をする際、雨樋を交換しないといけなくなるので金額が高くなります。
早めのメンテナンスをお勧め致します。
メンテナンス時期に関しましては10年〜15年ぐらいから
防水性がなくなり時期で紫外線や太陽光の熱で影響をうけて変形による経年劣化が進んでいきますので、外壁塗装をする際、高耐候性機能があり伸縮に強い塗料を使い雨樋を変形や破損にならないよう塗料で防水保護してあげて下さい。

  • ケレン作業

    雨樋ケレン作業

    外壁塗装をする際、足場組み立て作業をするので、必ず付帯部分の塗装を行います。今回は雨樋について施工内容をご紹介いたします。塗装する前にまずは下地処理を行います。これを怠ると塗る箇所に埃や汚れが付着している状態に塗装するので、塗料の密着が悪くなり、すぐに捲れる原因に繋がりますですので、10年〜15年に1回の外壁塗装なので、必ずきっちりした施工店にお任せください。

  • 中塗り作業

    雨樋中塗り作業

    次は外壁塗装をする際、雨樋の中塗り作業の施工についてお話いたします。

    中塗り作業をする前に必ずやって頂きたい施工があり、清掃作業と雨樋バンドの錆止めを行なったのち、中塗り作業に作業を進めていきます。この中塗り作業はすごく重要で上塗りをする前に必ず行なってください。なぜ重要かと言いますと塗料の膜厚が薄ければ、いい塗料であろうとも塗料の効果が発揮致しません。なので必ず行なってください。

  • 上塗り作業

    雨樋上塗り作業

    次は外壁塗装をする際、雨樋上塗り作業の施工についてご説明いたします

    上塗り作業をする前に必ずやって頂きたい施工があり、中塗り塗装した後、塗料という液体を塗りますので、微量でも埃が必ずつきます。なので上塗り作業をする前にペーパー作業で研磨をし埃を除去したのち、上塗り作業を進めていきますこの作業をすることにより、するのとしないとでは全然仕上がりがかわってきますので必ず行なってください。

  • 雨樋上塗り完了作業(外壁塗装工事)

    雨樋上塗り完了作業

    今までご説明した施工工程をすることにより、綺麗な仕上がりになります。外壁塗装はお家を守るため、必ずしないといけないので、現場経験がありきっちりした工事のできる施工店にお任せください。

私たちが雨樋(雨どい)の外壁塗装をいたします

  • 宮脇

    宮脇 聡史(代表)

  • 金谷

    金谷 亮(職長)

  • 見鏡

    見鏡 憲司(職長)

  • ダオ

    ダオ・ヴァン・ティエン(実習生)

すべての職人を見る

雨樋(雨どい)の外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る