スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

雨漏り要注意

外壁塗装について
外壁塗装 クラックの正しい補修方法

外壁塗装の際 必ずチェックして欲しいのは外壁の下地の状態です。
今回はクラック(ヒビ割れ)についてご説明いたします。
結論から言いますと正しい下地補修をしないと高級な塗料を使っても
クラックが何年も経たないうちにすぐにできます。
なぜクラックができるか クラックには2種類あり
ヘアークラック(幅0.3㎜以下) 大きいクラック(幅0.3㎜以上)の2種類がございます
ヘアークラックの場合は幅が0.3㎜以下なので外壁の表面上で止まっていて
外壁の奥までヒビが入っていない状態なので、シーリング、コーキングやフィラーハケ塗りで
クラックを補修しても奥までヒビ割れを補修できます。
大きいクラックの場合は、幅0.3㎜以上なので、外壁の奥までクラックが入っており
シーリングやフィラーでは奥まで補修できません。
どう補修すればいいか、コンクリート壁ならディスクグラインダーという
電動工具を使いUカット工法、Vカット工法という施工方法でコンクリート壁の奥まで
電動工具を使って削り伸縮に対応する為シーリング処理をしたのち、モルタル補修をした際
外壁塗装に進んでください。

大きいクラックの豆知識
サイディング壁の場合はOGS工法
低圧注入工法、シリンダー工法で施工したのち
塗装に進んでください。

  • コンクリート外壁クラック

    コンクリート外壁クラック

    コンクリート外壁塗装のクラックの補修方法

    外壁の塗膜は10年〜15年で塗料の防水性能がなくなってきます。コンクリート壁は硬く伸縮に弱い外壁なので、塗料の防水性や伸縮性がなくなってきますと地震や立地状況によりすぐに外壁にヒビ割れ、クラックが入ります。クラックが0.3㎜以上の幅の大きいクラックになるとお家の中に水が少しずつ漏水します。漏水して時間が経過しますとお家の躯体が木造なら木が腐り、鉄骨なら錆びて徐々に腐敗します。その状態で放っておくと雨漏りや躯体が傾き大変なことになるので、きっちりした補修をして外壁塗装をしてください。外壁のクラックが0.3㎜以上であった場合は,危険で外壁のひび割れが奥までヒビが入っており、表面だけの補修で塗装をするとすぐに亀裂が入り、外壁塗装をしたとしてもひび割れがすぐ再発致します。ですので、ディスクグラインダーという電動工具を使いUカット工法やVカット工法をして伸縮に対応する為にシーリング処理をしてモルタル補修をしたのち、周りの壁面の模様に合わせ、パターン復旧塗装をし外壁塗装を行なってください。

  • 窯業系サイディングシーリング劣化

    窯業系サイディングシーリング劣化

    窯業系サイディングシーリング劣化の補修方法

    窯業系サイディングはサイディングボードの継ぎ目にシーリングをし雨漏りや地震の揺れに対応する為、シーリングで伸縮性をつけます。サイディングの外壁はいろいろな箇所にシーリングを打ちます。窓周りや軒天井周り、付帯部分の周りにシーリングを打ち伸縮や雨漏りからお家を守ります。このシーリングが劣化し硬くなり外壁のサイディングボードの接着面が伸縮に耐えれなくなり、シーリングが取れ落ちてなくなり、サイディングの継ぎ目の部分の写真のハットジョイナー青い部分が見えてこの状態で放置していると年数や日にちが経過しますと雨漏りの原因につながります。すぐに雨漏りしない原因はサイディングボードの中に防水シートが入っておりそれが雨漏りを防ぎます、ですが、雨水が漏水すると防水シートが破れ雨漏りしたりお家の躯体部分が錆びたり、腐ったりしお家が傾いたりするので、シーリングが硬くなっている場合は必ずシーリングを撤去しプライマーを塗り、シーリングを打ち替えて、外壁塗装を行ってください。

  • サイディング浮き

    サイディング浮き部分補修方法

    窯業系サイディングの外壁は耐用年数10年〜15年で防水性が徐々になくなってきます。防水性がなくなると窯業系サイディングはセメントと木質系成分を混合して作られた外壁材なので、ボードに雨水がかかり、セメントと木質で作られたボードなので水分を吸収します。水分を吸収するとボードが膨張して太陽の熱で乾燥して収縮しての繰り返しになり、サイディングボードは釘打ちしているだけなので、釘が徐々に抜けボードが浮いて反ってきます。この状態を放置するとサイディングの外壁にクラック、ひび割れをしたり、雨漏りに繋がり、最悪ボードが抜け落ちたりします。ですので、外壁塗装する前にサイディングの浮きをタッピングビスというビスで浮きを元の状態に復旧しコーキング処理をしたのち外壁塗装を行なってください。

  • 屋根カバー工法

    屋根は紫外線や風雨に一番さらされ劣化が一番早い箇所になります。屋根材の表面の塗膜が劣化してくると雨水が染み込みコケやひび割れ下地の反りなどがでてそこから雨漏りなど起こる可能性がでます。また、経年劣化により防水シート自体が傷んでしまい雨漏りしてしまうケースも多いです。雨漏れや内装の壁にシミなど見うけられる場合は要注意です。建物の躯体にダメージが広がってしまいます。劣化状態が酷いなど状態に合わせて屋根の葺き替えもしくは、カバー工法をおすすめいたします。

私たちが雨漏りの外壁塗装をいたします

  • 宮脇

    宮脇 聡史(代表)

  • 金谷

    金谷 亮(職長)

  • 見鏡

    見鏡 憲司(職長)

  • ダオ

    ダオ・ヴァン・ティエン(実習生)

すべての職人を見る

雨漏りの外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る