スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

10年〜15年で塗り替えしないと余計な費用がかかります

このページでは雨漏りをしないようにする為やお家の躯体部分の腐食や錆でお家が傾いてしまわないようにするために注意レベル順にお話ししたいと思います。5段階で下から1レベル最上で5レベルの段階でご説明いたします。外壁塗装や屋根塗装をする際、余計な費用がかからないよう早めの外壁塗装や屋根塗装をお勧めしたいと思い、このページを作りました。ご覧下さい

  • 外壁の色あせやくすみ

    外壁色あせ、くすみ

    外壁の色あせやくすみの症状が外壁の表面に出てきましたら、劣化注意レベル1です。なぜ色あせやくすみが出るかをご説明いたします。外壁の表面に雨水や太陽の紫外線により、外壁表面の防水性能が低下してきています。低下してきているので、外壁の下地やシーリング部分が徐々に痛んできて、チョーキング現象やシーリング劣化、外壁のカビ・藻・苔と徐々に悪化していき、最終的には外壁のクラック、ひび割れを起こします。色あせの症状は雨漏りに繋がりにくいのですが、外壁の下地が悪化してきますと雨漏りに繋がります。下地が痛んできますと無駄な費用がかかりコストが高くなります。なので出来る限り早めの外壁塗装をお勧め致します。

  • チョーキング現象

    外壁チョーキング現象

    外壁のチョーキング現象という症状が外壁の表面に出てきましたら、劣化注意レベル2です。まずはチョーキング現象についてお話ししていきます。チョーキング現象とは白悪化現象ともいい、外壁の表面に白いチョークのような粉が付いている症状で手で触って分かる症状です。白い粉の正体は、雨水や太陽の紫外線により塗料成分の合成樹脂が分解して、顔料が粉状になって外壁表面に現れたものです。この症状が出てきますと外壁の防水性能が完全になくなっています。外壁塗装はお家の美観に関わるだけではなく、雨水や太陽の紫外線からもお家を保護し守る役割もございまので、外壁の下地やシーリングの劣化が悪化すると無駄な補修費用がかかりますので、できる限り早めの外壁塗装をお勧めいたします。

  • シーリング劣化

    外壁シーリング劣化

    外壁のシーリング劣化現象という症状がシーリング部分に出てきましたら、劣化注意レベル3です。まずはシーリング劣化現象についてお話ししていきます。シーリング劣化現象はシーリング材の成分の中に可塑剤という成分があり、雨水や太陽の紫外線により、その成分が流出しなくなって硬質化や痩せの症状が起きます。この症状が出てきますと雨漏りの原因にダイレクトに繋がっていきます。なぜ雨漏りの原因になるかと言いますと、シーリングか硬質化し車の振動や地震の振動により建物が揺れ、シーリングが硬質化しているので、シーリング材の伸縮性が失われシーリングにヒビが入ったり、痩せて隙間ができたり、シーリングが落ちて無くなったりし、バックアップ剤、白いスポンジのような物が見えたり、青い素材のハットジョイナーが見えてきます。見えてきますと外壁の内側に防水シートがあるのですが、雨水が掛かって破れてお家の中に雨水が入り雨漏りします。ですのでシーリング劣化現象が起こったら出来る限り早めのメンテナンスを行い無駄な費用がかからないよう早めの外壁塗装をお勧めいたします。

  • 外壁のカビ、藻、苔

    外壁カビ、藻、苔

    外壁や屋根の表面にカビや藻、苔という症状が表面に出てきましたら、劣化注意レベル4です。まずはなぜカビや藻、苔が外壁や屋根の表面にできるかについてお話いたします。なぜこういった症状が起きるか、外壁塗装、屋根塗装の塗装の防水性が失われ特に外壁なら窯業系サイディング屋根ならコロニアル、カラーベストといった素材にカビや藻、苔が入りやすい素材になっています。窯業系サイディングやカラーベストにはセメントやけい砂を使って繊維で補強した素材なので表面の防水性がなくなるとセメントやけい砂に湿気が溜まりやすくジメジメした状態が外壁や屋根に残り藻や苔ができる状態を作ってしまい。藻や苔ができてしまいます。その状態を放置していますと、なかなか乾燥しなくて外壁や屋根に湿気がすっと溜まって濡れている状態が続きますので、下地が濡れていて材質が柔らかくなり車の振動や地震に建物が耐えられなくなり、クラックやシーリング部分が落ちてしまったり、外壁のサイディング屋根のカラーベストが耐震に耐えられなくなり落ちたりします。ですので、この状態を放置しますと雨漏りにつながり、外壁塗装、屋根塗装をする際、張替えや補修といった余計な費用がかかります。あと補修費用で一番高いのは塗り替えでは補修できない状態になり、上貼りのカバー工法といった施工方法で塗り替えの費用のより1.5倍や2倍ぐらいの費用がかかってしまいます。一番最悪なのは外壁のサイディング屋根のカラーベストが落ちて人にあたり怪我を与えてしまいますので、大ごとになって大変なことになる前に外壁や屋根の塗装をお勧めいたします。

  • クラック、ひび割れ

    外壁クラック

    外壁や屋根の表面にクラック、ひび割れが表面に出てきましたら、劣化注意レベル5です。まずはなぜクラック、ひび割れが外壁や屋根にできるかをご説明いたします。外壁や屋根の塗装が防水性がなくなり、雨水や紫外線から守られなくなり、外壁ならコンクリート系や窯業系サイディングがクラックが入りやすい素材で、屋根ならコロニアル、カラーベストといった材質がクラックが入りやすい素材です。外壁のコンクリート系なら塗料の防水性がなくなり伸縮性がなくなってきて、コンクリートは硬い材質なので、耐震に耐えれなくなりクラックが入ります。外壁のサイディングなら材質がセメントを繊維で補強した材質なので、苔や藻が生え痛みやすくなり同じく外壁が硬い材質なので、耐震に耐えれなくなり、クラックが入ります。屋根のカラーベストなら素材がセメントとけい砂で補強した材質なので、表面の防水性がなくなり苔や藻が生え痛みやすくなって同じく硬い素材で耐震に耐えれなくなりクラックが入ります。クラックが入って0.3ミリ以下なら雨漏りにならないのですが、0.3ミリ以上になってくると雨水がお家の中に入る状態になっており、すぐに雨漏りには繋がらないのですが、外壁や屋根の防水シートが破れてしまいますと、お家の躯体の木造部分や鉄骨部分が痛み腐食や錆たりしますと、お家が傾いたり雨漏りしたりします。ですので、できる限り早めの外壁塗装や屋根塗装をして無駄な費用がかからないようにしてあげて下さい。

私たちが外壁・屋根塗り替え時期の外壁塗装をいたします

外壁・屋根塗り替え時期の外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る