スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

鉄部塗装

鉄部塗装とは文字通り鉄製の塗装を行うことです。工事目的としては美観の回復や錆による劣化防止を防ぐためのものになります。鉄部塗装は外壁面や他の箇所より劣化が早く短いスパンでメンテナンスが必要になります。少しの錆であれば問題はありませんが、定期的なメンテナンスを行わないと錆が徐々に広がり腐食が進むと鉄の強度が低下して脆くなり穴が開いたり崩落の恐れがあります。
そうならない為に、錆止め効果のある塗料で塗装したり、錆が発生した箇所をケレンなどで除去した上で塗装して再発防止をする必要があります。

  • ケレン・清掃作業

    ケレン作業とは鉄部を電動工具やヤスリを使いホコリや汚れ、錆などを落とし塗装の仕上がり【耐久年数】が左右するとても重要な工程作業になります。

    ケレン作業は1種ケレンから4種ケレンまであり、鉄部の劣化状態で作業が変わります。3種ケレンで施工できる劣化状態でのメンテナンスをおすすめいたします。1種ケレンとはブラスト法・酸洗浄、一般住宅ではほとんど使われる事はありません。

    2種ケレンとは主に電動工具と手作業で行う作業。3種ケレンとは手工具を使い錆、旧塗膜を落とします。4種ケレンとは水洗いやほうきなどで作業。

  • 錆止め塗装

    一軒家やマンションの外壁塗装をする際、必ずと言っていいほど、鉄部の塗装を行います。

    今回は錆止めについてご説明いたします。

    鉄部のケレン・清掃作業後に行う工程が錆止め塗装作業になります。

    この工程はすごく重要で錆止めを塗る役割は、鉄部の錆を抑える防錆効果があり、仕上がりをよくする塗料で、鉄部と上塗りの密着をよくする為の下塗り塗料になります。

    この工程を抜いて上塗り塗装してしまうと、上塗りの塗料が直ぐに捲れたりするので、必ず錆止め塗装をしてから、次の塗装作業を行なってください。

  • 中塗り塗装

    次は中塗り作業についてご説明いたします。

    ケレン・清掃作業、錆止め塗装をしてから、中塗り作業に入ります。

    中塗り作業に入る前に確認して頂きたいのが、錆止め塗装が完全乾燥しているか確認して頂き、完全乾燥していれば素手で鉄部の表面を触り、コケやゴミがついていないか確認してください。

    確認後にコケやゴミが付いている場合はペーパー等で研磨してコケやゴミを取り除いてください。

    取り除いた後は清掃をして中塗り塗装作業を行うことにより、すごく綺麗な仕上がりになります。

    外壁塗装や鉄部塗装を依頼する場合は必ず専門の知識がある施工店に御頼みください。

  • 上塗り塗装

    上塗り作業についてご説明いたします。

    ケレン・清掃作業、錆止め、中塗り塗装後に上塗り塗装の作業に入ります。

    上塗り作業はすごく重要で綺麗な仕上がりになるのはもちろん、塗料の性能を発揮する為に重要な工程になります。

    塗料には様々な機能があり、例えば低汚染性や遮熱効果、高耐候性といった様々な高機能性を持った塗料があります。

    どんな高級塗料でも塗膜の膜厚がなければ塗料の効果や機能が発揮しないので必ず上塗り塗装を行なってください。

    外壁塗装や鉄部塗装を行う際は専門の知識がある施工店にお頼みください。

私たちが鉄部塗装の外壁塗装をいたします

  • 宮脇 聡史(代表 経験16年)

  • 金谷 亮(職長 経験12年)

  • 見鏡 憲司(職長 経験10年)

  • ダオ

    ダオ・ヴァン・ティエン(実習生 経験2年)

すべての職人を見る

鉄部塗装の外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る