スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

  • 窯業系サイディング

    窯業系サイディング壁

    外壁塗装の際、外壁の種類を見て、正しい施工方法で外壁塗装をしないとすぐにダメになってしまいます。今回は窯業系サイディングについてご説明いたします。窯業系サイディングはセメントと木質系成分を繊維質で混合して作られた外壁材になります。なので外壁の防水性がなくなると外壁に水分を含み収縮し、外壁を釘で固定しているので、収縮が原因で窯業系サイディング外壁材が時間が経つと落ちる原因になります。それと窯業系サイディングはシーリング部分が弱く、雨漏りの原因になりやすい部分なので、劣化状況を確認してシーリングの打ち替えをお勧めいたします。外壁塗装の際、1番重要なのが下地補修、下地処理で次にそれを保護する塗料です。塗料も間違った塗料で施工してしまいますと、塗料が膨れめくれます。窯業系サイディングの正しい下塗り材はシーラー系やエポサーフやパーフェクトサーフといった塗料をお使いください。相性が悪い下塗り材は微弾性フィラー系は塗料が夏になると膨れてめくれますので、気をつけてください。上塗り材は弾性塗料は使用しないでください。膨れの原因になりめくれます。外壁塗装の際は立地状況や外壁の素材を見て塗料をしっかり選んで正しい施工方法で塗装してください。

  • モルタル壁

    モルタル壁

    外壁塗装の際、外壁の種類を見て、正しい施工方法で外壁塗装をしないとすぐにダメになってしまいます。今回はモルタル壁についてご説明いたします。モルタルはセメントと砂、水を混ぜて作った材料になります。モルタルのいいところは、柔軟性があり、耐火性があり、火に強いので、外壁に使われます。弱点は外壁が硬いので伸縮性に弱く防水性がなくなるとクラックや欠損して、雨漏りしやすくなります。防水性がないと見極めるのがチョーキング現象といって手で触って白いチョークのような粉が手につけば防水性がない状態なので、外壁塗装をお勧めいたします。外壁塗装の際、1番大事なのが下地補修と下地処理です。クラックが0.3㎜以上だとUカット工法で下地補修をして頂き、0.3㎜以下だと微弾性フィラー刷り込みやシーリング補修をし、欠損の場合は浮いている外壁を斫り、清掃したのち、ポリマーセメント充填工法をして成形してパターン復旧をしてください。下地補修をしたのち次に大事なのが、防水性をつけるため、外壁塗装をします。相性がいい下塗り材は微弾性フィラーを塗ります。ウールローラー仕上げが一般的ですが、本当にいいのはマスチック仕上げという施工方法で膜厚をつけることにより、伸縮性を強くします。上塗り材はシリコン塗料やラジカル塗料や弾性塗料、伸縮性に強い塗料をお勧めいたします。

  • 金属系サイディング

    金属系サイディング壁

    外壁塗装の際、外壁の種類を見て、正しい施工方法で外壁塗装をしないとすぐにダメになってしまいます。今回は金属系サイディングについてご説明いたします。金属系サイディングのメリットは断熱性や耐震性、耐凍害性に優れています。主に金属系サイディングは狭い部分で塗装できないところに使われること多いです。金属でできている外壁なので、クラックができないので、雨漏りしにくいからです。ですがデメリットは錆が発生しやすいのと、酸性雨や塩害被害を受けやすいので、海の近くや雨に当たる部分には弱い外壁の素材になっています。金属系サイディングは錆びる前に雨が当たらないように工夫して工事をするか、錆びる前に外壁塗装をお勧めいたします。外壁塗装の際、正しい塗装方法は、下塗りはプライマー系や錆止め材を塗ってください。上塗り材はシリコン系やラジカル塗料や溶剤系の塗料をお勧めいたします。

  • ALC壁

    ALC壁

    外壁塗装の際、外壁の種類を見て、正しい施工方法で外壁塗装をしないとすぐにダメになってしまいます。今回はALCパネル外壁についてご説明いたします。ALCは珪石やセメント、生石灰で作られた外壁になります。ALCのいいところは、断熱性、耐震性、耐凍害性優れています。それと遮音性にも優れています。なので工場の外壁に使用されることが多いです。耐震性に強いのはALCの外壁には打ち継ぎ目地があり、地震がきても目地の部分で振動を受け止めるので、外壁の表面にクラックが入りにくい外壁になっています。デメリットは防水性がないのと、吸水性が高く、表面強度が弱いところです。表面強度がないので目地の部分が耐震に耐えれなくなると外壁の表面にクラックが入り雨漏りにつながります。あと防水性がなくなると吸水性が高いので欠損や露金欠損しやすい外壁なので防水性がなくなると雨漏りにつながりますので、すぐに外壁塗装をお勧めいたします。外壁塗装の際、使用塗料は下塗り微弾性フィラーを使ってください。ウールローラー仕上げかマスチック仕上げをしてください。上塗りはシリコン塗料やラジカル塗料、低汚染塗料をお使いください。

  • コンクリート壁

    コンクリート壁

    外壁塗装の際、外壁の種類を見て、正しい施工方法で外壁塗装をしないとすぐにダメになってしまいます、今回はコンクリート壁についてご説明いたします。コンクリート壁はセメントと砂、砂利と水を混ぜて作った材料になります。コンクリートのメリットは強度や圧縮性に強いので、柱や梁といった外壁に使われます。あと耐火性に強いです。デメリットは防水性がないのと、外壁が硬いので伸縮性に弱く耐震に弱いです。あと汚れが目立ちやすいのがあげられます。外壁が硬く耐震性に弱いので、欠損やクラックが入りやすいので、雨漏りにつながりやすいです。なので外壁塗装の際は、塗料をしっかり選んでください。相性がいい塗料は下塗り材は、微弾性フィラーでウールローラー仕上げかマスチック仕上げがお勧めです。上塗り材はシリコン塗料やラジカル塗料、伸縮性に強い塗料をお勧めいたします。特に弾性塗料は伸縮性に優れているのでお勧めいたします。

私たちが外壁材の種類の外壁塗装をいたします

外壁材の種類の外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る