スマホから電話する

電話番号

お問い合わせ

正しい塗装方法でお家をしっかり守る

外壁塗装や屋根塗装の際、様々な塗装方法が御座います。場所や用途に合わせて塗り方が変わり、仕上がりや塗装の機能、耐用年数が変わってきます。塗り替えする場所や用途に合わせて、道具を使い分けて欲しいと思い、今回は道具についてご説明いたします。

  • 素塗り ウールローラー仕上げ

    素塗り ウールローラー仕上げ

    外壁塗装の際、素塗り、ウールローラー仕上げという塗装方法がございます。今のご時世では中々使われないのですが、昔は吹き付け塗装が流行っていましたが、今では素塗り、ウールローラー仕上げが主な塗装方法になってきています。なぜ最近では素塗り、ウールローラー仕上げになったか、吹き付け塗装はスピードは早く塗装できるので、人件費が削減できるのですが、塗料の膜厚が薄いため、耐用年数が短くて、クラックや塗膜浮きの原因になりやすいので、今では年数が経つと雨漏りしやすい塗料となってしまいました。最近の塗料は性能が良くて塗料の膜厚が厚ければ厚いほど、性能が発揮しクラックや耐用年数が長くなってきているので、ローラー仕上げで塗料の膜厚をしっかり付けることで、雨漏りやお家を守る耐用年数が長くなります。なので素塗り塗装、ウールローラー仕上げが使われることが多くなってきています。外壁塗装の際はしっかり検討していただき塗装方法を選んでください。

  • マスチック 砂骨ローラー仕上げ

    マスチック塗装 下塗り

    外壁塗装の際、マスチックローラー仕上げ、砂骨ローラー仕上げという塗装方法があり、コンクリート壁やモルタル壁にすごく相性がよく、クラックが入りにくくする塗装方法です。なぜマスチックローラー仕上げや砂骨ローラー仕上げはクラックが入りにくいかと言いますと微弾性フィラーという塗料は、伸縮性に優れていて下塗りの役割も持っています。弾性塗料は塗料膜厚が厚ければ厚いほど伸縮性が高くなります。ですのでマスチックは塗料を厚付できるローラーになっており、厚付塗装仕上げが可能になります。ですので、コンクリート壁やモルタル壁は外壁の下地が硬いので、地震や耐震、交通道路の車の移動の揺れに弱く、クラックの入りやすい外壁になっており、マスチック、砂骨ローラー仕上げで膜厚をつけることにより、耐震や地震によってクラックの入りやすい外壁のコンクリート壁やモルタル壁からクラックを入りにくくします。コンクリート壁やモルタル壁の場合はマスチックローラーの厚付塗装を検討してください。

  • 刷毛塗装

    刷毛塗り

    外壁塗装の際、刷毛を使った塗装方法がございます。主に刷毛塗装はローラーが入らない部分で使用します。例えば、養生した窓の周りはローラーで塗りますと窓が汚れてしまい、お客様の大事な物を汚してしまいますので、刷毛で塗装します。刷毛で塗装すると窓が汚れなく塗装でき塗装のラインも綺麗に塗装できます。あと是正作業の際、使用したり細かい作業でも使います。

  • 圧送ガン・カップガンスプレー塗装

    圧送ガン カップガンスプレー塗装

    外壁塗装の際、圧送ガン、カップガンスプレー塗装という塗装方法がございます。圧送ガン、カップガンスプレー塗装のは主に鉄部で使われ雨戸やシャッター、折半屋根に使われることが多く、良いところは仕上がりが綺麗に塗装できるのと、薄付塗装ができるところです。シャッターや雨戸は動かすことが多いので厚付塗装するとシャッターは動かすことによりシャッターBOXの中に巻き込みますので伸縮します。ですので塗料がめくれやすなります。一番良いのはケレン作業をしっかりして清掃をしたら仕上がりがすごく綺麗になります。綺麗理由はエアー調整、塗料の調整ができミスト状に吹き付けできるのですごく綺麗に塗装できるところです。車の塗装にも使われる塗装方法です。スプレー塗装の際は場所や用途に合わせて塗装してください。

  • 吹き付け塗装

    吹き付け塗装 補修吹き

    外壁塗装の際、吹き付け塗装という塗装方法がございます。今のご時世では中々使われないのですが、昔はセラミック塗装、リシン塗装、エアレス塗装、ボンタイル塗装を使うことが多くスピードが早くて人件費が削減できたのでこの方法で塗装が流行っており、高級感があってすごくこの塗装方法が使われていました。ですが今では、あまり使用されなくなってきてます。なぜかと言いますと吹き付け塗装はあまり塗膜厚がなく薄いため、耐震や地震に弱いので、クラックや塗膜浮きが多く雨漏りにつながりやすくなるので、耐用年数が短い塗装方法になってきています。今吹き付け塗装に使われるのは、補修工事の補修部分に吹き付けの模様をつける為に使われることが多いです。修繕工事ではシリコン塗料やラジカル塗料、無機塗料、フッ素塗料ができローラー塗装をすると塗料膜厚が厚いので塗料の効果が発揮し耐用年数が長い塗料がいっぱいできたため、使用されなくなってきています。ですので吹き付け塗装の際は、よく検討していただき使用してください。

私たちが塗装方法の種類の外壁塗装をいたします

塗装方法の種類の外壁塗装の施工事例

このページのトップに戻る